便秘効果アリ!?サプリメント情報

便秘の改善方法や便秘に評判のサプリメントなど便秘サプリ情報をお届け

ホーム > 便秘に悩まない生活習慣を

便秘に悩まない生活習慣を

私は、あまりお薬を飲まないで暮らせる体質の62才になります。 子どもの頃、母がビオフェルミンは、私に飲ませる事がありました。

大人になって、便秘に苦しんだ時、思い出し、ビオフェルミンを飲んでみました。 色々やって改善されなかったのですが、よい方向にとなった経験もあります。 ビオフェルミンは、乳酸菌製剤です。
発酵食品のヨーグルトやキムチなどから摂取することも自然とも言われますが、乳酸菌が腸内に多くいると、悪玉大腸菌の活動が抑えられるといわれています。 女性などお肌に関しても気になるところなのですが、腸とお肌とは深い関係があるのです。 そのバロメーターとなるのが「腸年齢」です。 一般的には若い腸には善玉菌が多いのです。 壮年期を過ぎる頃になると悪玉菌の割合がだんだんと多くなります。 悪玉菌の多い腸ほど、腸年齢がふけていることとなるのです。


腸年齢チェックというものがあります。 腸は体の免疫機能を担っているとても大切な器官です。 腸を悪くすると食べ物の栄養の吸収ができなかったり、体に有害ものと闘ってくれなかったり、大きな病気にかかったりします。 まだ20代でも腸は50代、60代の人が急増しています。

健康度の診断をするためには、 朝食は食べますか? 食事のバランスは? 乳製品は? 睡眠はどんな感じですか? ちゃんと運動していますか?などでのチェックの方法によります。 現代は食事が欧米化しているため、便秘となる傾向が大きくなっています。 食物繊維や酵素の多い食事で腸を整える事は大切なのですが、便秘となった場合にはどうしても便秘薬をおつかいになることもあると思います。 便秘薬を使う場合は作用の穏やかな薬から使い始めましょう。

説明書に書かれている最小量から試す事は大切ですが、同時に生活習慣の改善も必要です。 用法用量内で増量して、それでもだめな場合はお医者様に相談しましょう。 便秘の人がよく使うものには、「整腸薬」と「緩下薬(かんげやく)」とがあります。 整腸薬は腸の働きを正常にもどす為に、腸内細菌のバランスを整えるお薬です。 腸内環境を改善する善玉菌をふやす目的があります。 きちんと排便できる体になるため、補助的な穏やかな作用があるのです。 また緩下薬は便秘薬のことで、下剤といわれるものです。


便をやわらかくして排便しやすくするものと、腸を刺激して排便を促す物の2種類があります。 便をやわらかくして排便しやすくするお薬には、塩類下剤と膨張性下剤とがあるのです。
塩類下剤とは、大腸のぜん動運動を促す薬なのですが、腸内に水分を集める事で、便をやわらかくして排便しやすくします。 又膨張性下剤とは、水分を吸収させて便をやわらかくし、腸の中の内容物を膨張させる作用があり、ぜん動運動を活発化する薬なのです。
下剤のもう1つの効果ある物として腸を刺激して排便を促す薬には、効き目の強い反面続けて使うことでだんだんと効かなくなったり、腹痛をともなうことがあります。 ぜん動運動を活発にするお薬です。

あと腸を刺激して排便を促す物として浣腸剤があり、腸への刺激で速効性があるものです。 便秘の体を普段からの生活習慣で治すことは大切なのですが、便秘薬も上手に使いたいものです。

マジで育毛剤は効能があるのでしょうか?商品にもよりますが、育毛剤には髪の毛が生える条件を調える成分を含有しています。使った際に、その成分が体質による条件を満たせば、薄毛に効くことになるでしょう。ただ、即効性のあるものではありませんし、誤った使い方をすると効き目があらわれないこともあります。
↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 便秘効果アリ!?サプリメント情報 All rights reserved.